聖牛

 聖牛は実施された河川によって多少構造材の大きさを異にするが、三角錐をなし、三対の合掌木を備え、棟木の長さにより「大聖牛」、「中聖牛」などの名がある。
 「地方凡例録」によれば、これは武田信玄の創案になるものと云われ、従時は専ら山梨県の釜無川、笛吹川に施工されたが、次で信玄の勢力圏拡大に伴って天竜川、大井川、安倍川、富士川に伝わり、享保年間以後は各地に流布するに至った。
 聖牛は牛粋の改良されたもので、その構造は簡単であり、堅牢な三角錐型を採るため、前面の洗掘を受けて前に傾斜してもよくその形を保ち、目的を達している。
 一般に急流河川の砂礫の激しい所の水制、締切工事などに適している工法である。

1)構造

  川倉をさらに補強したもので、基本的構造は以下のとおり。
  1. 一対の前合掌木と砂払いで三角形をつくる。
  2. 棟木をこれに連結し立ち上げ基本の三角錐をつくる。
  3. 前立木を前合掌木と砂払いに連結する。
  4. 桁木を河心側が下になるように棟木に連結し、その上に前梁木を連結する。
  5. 梁木の位置を確認し、後・中合掌木を連結した後、後・中梁木を連結する。
  6. 敷成木を梁木に連結し、その上に蛇籠を重し籠として載せるとともに、後部に尻籠を置く。

  聖牛の種類は以下の通り。

  (中聖牛)
    三対の合掌木を備え、一般に棟木の長さ7.3m、末口12cmのもの。
  (大聖牛)
    三対の合掌木を備え、一般に棟木の長さ9.0m、末口15~18cmのもの。
  (大大聖牛)
    四対の合掌木を備え、一般に棟木の長さ12.7m、末口20cmのもので、二段の棚を設けて重籠を積載するもの。

2)用途

  急流河川において土木が流送される場所の水制、根固、破提箇所の締切りなど。

3)その他

  水制としての機能を発揮するためには、洪水時に流水が「砂払い」、「敷成」の下を潜り抜けないように、「前固め籠」または「砂払い」に「立成木」を設置する必要がある。